• 化粧水の効果をより高める使いかた

    化粧水のいちばんの機能は保湿です。しかし洗顔後、他のスキンケア製品に先駆けて使うと言う性質上、肌の悩みに対してのアプローチも化粧水に期待できる機能です。


    そうした機能、そこから得ることができる効果をより高めるためには、以下のような使いかたを守ることが望まれます。

    まず洗顔です。

    待望の化粧水の効果の正しい情報を手に入れましょう。

    これはどれだけ優れた成分が配合されている化粧水であっても、肌が汚れたままだと十分な浸透を望むのは難しいためです。浸透しなければ効果を期待するのもまた難しいので、洗顔を丁寧に行い、余計な汚れはしっかりと落としておくことが重要です。
    そして基本的にはコットンでも掌でも、どちらで付けても問題はありません。

    コットンは細かい部分、たとえば小鼻の際なども塗り忘れにくいと言うメリットがありますし、掌は化粧水が温まるのでより浸透力が高まる、広い部分が塗りやすいのがメリットです。

    しかしいずれの場合も、肌を擦ったり、強い力でパッティングをするのは良くありません。これをスキンケアの度に行っていると、肌負担となりたるみやシミの原因になる恐れもあります。こうなると配合されている有効成分の効果も発揮されないままなので、肌を擦らず、叩かず、やさしく塗り広げていくことが重要です。



    それからコットンに化粧水を染み込ませて顔に貼り付ける、コットンパックも効果を得るためにはとても良い使いかたです。

    ただしコットンパックを行うのは5分程度が原則です。

    それ以上、顔に貼り付けたままだと、コットンに浸みこませた水分が蒸発し、肌からの水分が奪われ、却って乾燥が進行してしまう恐れもあります。


    ですからコットンパックを行った際には、時間に敏感にいることが求められます。